スーパー雑記タイム

【恥をかかない雑学】ハロウィンの由来と函館の七夕祭りについて

ハロウィンではジャックオーランタンが好きです。お化けカボチャですね。

好きすぎて私もデザインしたことがあります。

スナフキン感強めです。

日本でも数年前から大きく取り上げられるようになってきましたが、そもそもハロウィンってなんなんでしょうか。

ハロウィンとはケルト人の大晦日のこと

ハロウィンについては収穫祭だという意見もありますが、元々はケルト人の大晦日です。

ケルト人ってのは今でいうところのスウェーデンあたりの人々のことを言います。

彼らの文化では10月31日が年末で、11月1日から新年です。

ケルト人は1年を夏と冬の二つに分ける民族なのですが、夏の終わりと冬の始まりを示すのがこの10月31日なのです。

ちなみに新年の1日目、11月1日のことを「サウィン」と言います。かがり火なんかが有名ですよ。

ジャックオーランタンは人を表現している

サウィンはサウィンで死者が現世に現れ異界と通ずる日だと言われていますが、ハロウィンも同じく死者が家族を訪ねてくる日だと言われています。

死者や悪霊、時期を同じくして出てくる精霊や魔女たちから身を守るため、ケルト人たちは仮面をかぶって魔よけの火を焚いていたと言われています。

これにちなみ、顔の形に切り抜いたカブの中に蝋燭を立て、ジャックオーランタンを作り、魔女や悪霊に扮した子供たちが各家庭をまわる文化が誕生しました。

「トリックオアトリート!」

と言う、あれですね。

ちなみにさっきさらっとカブと書きましたが、アメリカ大陸発見まではカブだったようですね。アメリカを発見してからカボチャで行う文化ができたそうです。

日本でもダック・アップルってやってるの?

ハロウィンで盛り上がっている周りの人に「ダック・アップルってやってるの?」と聞くと9割以上に「なにそれ?」と言われてしまいました。

ハロウィンに合わせて行われる「リンゴ食い競争」のことですね。水に浮かべたリンゴをアヒルのように口だけでくわえるゲームです。

日本では流行っているんだろうか。パーティに参加しない私にはわかりません。

水に各々のiPhoneを浮かべてそれを口で取るゲームやりましょうよ。

ハロウィンカラーと言えばオレンジ

「ハロウィンのカボチャを描いてください。」

といって、緑色のカボチャを描く人は少ない。大抵オレンジ色のカボチャを描く。

一説にはポモナ祭り(ダック・アップルの由来)じゃないかと言われているけれども真偽不明。

でも可愛いからいいじゃない、私、オレンジ好きだし。

ちなみにほどくら.netのテーマカラーにもオレンジが使われています

深めのグリーン、くすんだオレンジ、明るいパープルというのがほどくらカラー

昔から好きなんです、この組み合わせ。

くすんだオレンジが好きなので、いつかオレンジ色のコートを買いたい。

みなさまにお披露目できるように頑張ります。デザインするしかないんじゃなかろうか。

まとめ:ハロウィンは収穫祭じゃないよ

  • ハロウィンはケルト人の大晦日
  • 翌日はケルト人の元旦で、サウィンという
  • ジャックオーランタンは元々カブだった
  • ダック・アップルという行事がある

という内容でお送りしました。

こういうちょっとした知識を持っていると、ハロウィンに参加しない人も楽しめるかも。

私は参加しません。仮装パーティーのノリが不快でしかない派の人間ですので。

お願いだからゴミは持ち帰ろうね、みなさん。

[the_ad id=’1310′]

番外編:北海道の七夕にも似たような文化がある

私の出身地は北海道の函館市です。そこでは七夕の日にハロウィンに似た文化がありました。

正式名称:ローソクもらい

「竹に短冊七夕祭り、おおいにいわお、ローソク一本頂戴な」

これ、函館verです。

この歌を子供たちが各家庭を回りながら玄関先で歌うという文化があります。

地域によっては「ローソクだーせーだーせえよー」って歌うところもあります。なんと乱暴なっ。

そもそも7月7日じゃないところもありますからね、七夕が。

 

玄関で歌うと、家人からお菓子がもらえます。この時期になるとコンビニでもうまい棒50本入りみたいなのが売られます。このためだけに。

子供たちの中では当日、翌日七夕の話題が盛んです。

「あの家で100円くれたぜ!(現金は禁止されています)」

「あっちの家でペットボトルの飲み物くれた」

「あそこなんてマジでローソクよこしやがった。くそが!(本来の姿)」

こんな感じです。先日実家に確認したところ、うちの地域は、

「笹が出ていて玄関に明かりが灯っているところ」に限定して行われるようになったとのこと。

時代ですもんね。

 

ところで、ハロウィンが子供たちの間でも流行ると、北海道では年に2回も似たようなことをやるはめになりそうですね(もうなってるのか・・・?

夜道、気をつけましょうね。

 

以上、『【恥をかかない雑学】ハロウィンの由来と函館の七夕祭りについて』でした。

ABOUT ME
ハヤエル
北海道札幌市に住む32歳。管理薬剤師経験者。小規模薬局にて3年弱勤め、薬局長として2年弱勤務。 転職活動を経て製薬メーカーで学術担当として勤務。 給与よりも仕事よりも充実した時間を生きることに重きを置いているものの、お金があったほうがいいのは明らか。お金は大好き。のびのびと生きるが信念。
おすすめの薬剤師転職サイト3選
LINEでのやりとりの利便性が高さが特徴!
カウンセリングで希望詳細を細かく伝えられる。
レスポンスが速く、スピード感を求めるなら、
薬剤師ベストキャリアにぜひ登録!
おすすめ度
特徴LINEでやりとりができてレスポンスが速い
紹介求人の質面談カウンセリングにより細かいニュアンスまで伝えられる。
転職希望時期すぐ~6か月(半年)程度

完全無料 1分でできる登録はここをクリック

登録と電話面談だけでなんと1万円がもらえます。
さらに紹介されたところに面接に行くだけで3万円がもらえるキャンペーン中なので、
転職しようかなと考えたら、
まずはお仕事ラボに登録しましょう。
おすすめ度
特徴登録と電話面談で1万円、面接で3万円もらえるキャンペーン中
紹介求人の質希望条件のエリアにある薬局病院すべてに求人の有無を確認
転職希望時期すぐ~6か月(半年)程度

登録だけで1万円もらえるキャンペーンページへはここから!

ファルマスタッフ
手厚いフォロー。ブランク向けのテキスト有り。
なんといってもエージェントの同伴で安心して面接が受けられるのが特徴。
支店が多いので土地勘もしっかりわかった上で紹介してもらえます。
不安なく転職するならファルマスタッフがおすすめです。
おすすめ度
特徴面接に同伴してくれる。ブランク向けの調剤テキストがもらえる。
紹介求人の質レスポンスが速く、ヒアリングも深いのでミスマッチが少ない。
転職希望時期すぐ~3か月程度。6か月以内。

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

こちらの記事もおすすめ
スーパー雑記タイム

お金よりも時間が大事。節約するときは得られる時間の価値を意識しよう。

2019-01-21
ほどくら.net|転職した薬剤師がほどよいくらしを楽しむブログ
節約していますか?私はほとんどしていません。正しくは意識していません。 何かを買う時、契約するとき、固定費がなるべく小さくなるようには …