薬剤師の転職

転職サイトは大手が安心?大手薬剤師転職サイトを分析!

薬剤師の転職サイトは沢山あります。それこそ挙げればきりがないほどに。
当サイトでもいくつかオススメを紹介してきましたが、

「結局大手がいいんじゃないの?」

という声、確かにあります。
実はこの考え方あながち間違っていません。
採用する側、利用する側両方の視点からその理由を説明します。

採用する側:大手に頼むのが無難

採用する側、雇用する側、つまり薬局側の視点に立つと、
よくわからない小さな会社よりも、リクルートなどの大手の方が、耳馴染みが良いんです。

「弊社は、薬剤師様のご紹介を…」と案内されて説明を聞くよりも、
「リクルートです。」と言われた方が、一発でわかりますよね?

じゃあどういったところが大手に頼むのかと言うと、

  1. どこに頼もうかを深く考えたり探そうとしない
  2. 自社にネームバリューが無いため、経費とか無視してとりあえず人が欲しい
  3. 通年継続して人員補充をしたい

というところですね。ということは失礼な表現にはなりますが、

  • あまり採用に頭を使わない採用がへたくそな薬局
  • どんぶり勘定で、お金は出せるけど人が来ない薬局

が、大手を利用します。

金はある。人は来ない。でも実はブラックではない理由。

考えてみてください、「お金はあるけど、よくわからない」というケース。
あなたの身近にもこのケースがあります。
たとえば家電量販店。販売員に聞いて、その通りに買っていく人いますよね?
もしかしたら実家のご両親とかそうじゃないですか?

そんなとき、あなたはこう思うはずです。
「ネットで買えば安いのに。amazonとか見れば半額近いし。。」と。

これです、まさに。価格よりも利便性を取った結果、高くても購入するんです。
採用も一緒で、そこに時間や頭を使いたくない。お金は出すから人をくれ。
言い方は悪いけどそういうところは大手しか利用しません。全てやってくれるからです。

つまり、薬局がブラック企業とかではなく、採用に比重を置いていない。
働きやすい環境が整っているのに採用が下手だから人が来ない。
そういう可能性が高い薬局が多く眠っています。

採用される側:エージェントの質が高い

「薬剤師専門」をうたう小規模サイトは沢山あります。
お祝い金で人を集めたり、非公開案件があったり。

サイトの質や会社の質は高いんです。
流れも全く問題ない、サイトも使いやすい。だから使うのを勧めるのですが、
大手の方が圧倒的にエージェントの質が高いです。

中には引き抜かれて元大手ですというエージェントもいるかもしれませんが、
考えてみてください。大手に入る人たちってどういう方でしょうか。
ある程度の学歴、ある程度の成績、ある程度の経験を持った人たちの集まりです。
その中で揉まれた人たち、つまり精鋭たちが切磋琢磨して件数を稼いでいます。

ということは、社会的に優秀な人たち同士が争っているので、水準が高くなりますよね。
職探ししている側への手厚いフォローはもちろん、雇う側への信頼も厚く交渉しやすい。
これが大手の強みです。

大手ゆえに冷たくされる?むしろそんなことが出来ない理由を説明。

「そんなこと言っても大手は顧客が沢山いるし冷たくされるんじゃ…」

こう心配になると思います。
しかし、そんなことはありません。むしろ大手の方ができません。

システムがしっかりしているのもさることながら、
その先、冷たくしたらどうなるのかというリスクマネジメントができるのが大手の特徴です。

正直、小規模のところは一発勝負です。
ちょっとやってみてダメそうなら諦める。その代わり一発でいい条件を持ってくる。
そんなところが多いです。しかし、大手は違います。

評判が悪くなると広告を載せてもらえなくなる。
薬剤師は狭い業界なので、すぐに他の薬局にも伝わります。
あそこで取ったら酷い奴が来た、あそこに頼んだらひどい扱いを受けた。
そして口を揃えてこう言うんです。

「だからあそこは使わない方がいいよ。」と。

そう、大手だからこそ、有名だからこそ下手なことが出来ないんです。
中の社員が中でどういう扱いを受けているのかは知りませんが、
少なくとも外に対しては下手な対応が出来ません。

そしてそれを遵守しながらも結果を出せる人たちが残っています。
だから他に比べてとてつもなく有意義なサービスを受けることが出来ますよ。

転職するなら大手のサービスには登録しておいた方がいい

  • 採用する側が登録しやすい
  • 採用される側が手厚いフォローを受けられる

これら2つの理由だけでも登録する価値があります。
そしてもう一点、「知らなかった」を防げます。

どういうことかというと、例えば何かを購入した後に、もっと良いものを見つけると、
「そんなのもあったの?そっちにすればよかった…」
と後悔した経験があると思います。
けして非公開求人とかではなく、単に知らなかったという求人を少なくするためには、
いくつかのサイトに登録して全部見た上で決めた方がいいんです。

リクナビはもちろん、マイナビやm3など、日経DIなどに広告を載せているレベルのところに登録しておくと、間違いないですよ。

ABOUT ME
ハヤエル
北海道札幌市に住む32歳。管理薬剤師経験者。小規模薬局にて3年弱勤め、薬局長として2年弱勤務。 転職活動を経て製薬メーカーで学術担当として勤務。 給与よりも仕事よりも充実した時間を生きることに重きを置いているものの、お金があったほうがいいのは明らか。お金は大好き。のびのびと生きるが信念。
おすすめの薬剤師転職サイト3選
LINEでのやりとりの利便性が高さが特徴!
カウンセリングで希望詳細を細かく伝えられる。
レスポンスが速く、スピード感を求めるなら、
薬剤師ベストキャリアにぜひ登録!
おすすめ度
特徴LINEでやりとりができてレスポンスが速い
紹介求人の質面談カウンセリングにより細かいニュアンスまで伝えられる。
転職希望時期すぐ~6か月(半年)程度

完全無料 1分でできる登録はここをクリック

登録と電話面談だけでなんと1万円がもらえます。
さらに紹介されたところに面接に行くだけで3万円がもらえるキャンペーン中なので、
転職しようかなと考えたら、
まずはお仕事ラボに登録しましょう。
おすすめ度
特徴登録と電話面談で1万円、面接で3万円もらえるキャンペーン中
紹介求人の質希望条件のエリアにある薬局病院すべてに求人の有無を確認
転職希望時期すぐ~6か月(半年)程度

登録だけで1万円もらえるキャンペーンページへはここから!

ファルマスタッフ
手厚いフォロー。ブランク向けのテキスト有り。
なんといってもエージェントの同伴で安心して面接が受けられるのが特徴。
支店が多いので土地勘もしっかりわかった上で紹介してもらえます。
不安なく転職するならファルマスタッフがおすすめです。
おすすめ度
特徴面接に同伴してくれる。ブランク向けの調剤テキストがもらえる。
紹介求人の質レスポンスが速く、ヒアリングも深いのでミスマッチが少ない。
転職希望時期すぐ~3か月程度。6か月以内。

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」