健康

【腰痛対策】口コミ高評価の腰に優しいドクターエルがおすすめ。

デスクワークや長距離ドライブ、腰に負担かかりますよね。

毎日椅子に座っていると、どうしても姿勢が崩れてしまいます。

でも、悪い姿勢を続けているとさまざまな病気につながるってご存知でしたか?

 

そもそも漢字の腰という字は、体をあらわすにくづき(月)と書きます。

全身に張り巡らされている神経が多く通り、骨盤周りには大切な臓器がいくつもあります。

骨盤がゆがんで腰に負荷がかかりすぎると神経や内臓に悪い影響が出てきます。

体の要、大切にしたいですね。

 

とはいえ背筋をピンとさせるのが良いというのはわかっていてもなかなか継続できません。

そんな腰の悩みをお持ちのあなたにおすすめしたいのが、ドクターエルクッションです。

今回はこのドクターエルクッションをご紹介いたします。

腰痛・猫背・肩こり・冷え症を改善!

こんな症状に悩まされていませんか?

  • デスクワークなので座っている時間が長く腰痛になった
  • 腰痛で困っている
  • 座っていると姿勢が悪い
  • 猫背気味だ
  • 1日に座っている時間が多く腰痛や背中痛がある
  • 車いす使用時、腰が痛い
  • 頭痛がするほどの肩こりがある
  • 就寝時、手足が冷えて寝付けない

この悩み、もしかしたらあなたの座っている姿勢が関係しているかも。

座っている時間が長いと腰痛につながる

何時間も座っていると、どうしても楽な姿勢を取りがちですよね。

でもこれ、楽な気がするだけで体にとっては毒なんです。

具体的には骨盤が後傾している状態のことを言います。

結果として骨盤周辺の血行も悪くなり、骨盤後傾により内臓も圧迫されてしまいます。

その結果腰痛・肩こり・冷え症、さらには便秘や重たい生理痛の原因に繋がってしまうのです。

姿勢を正すことでたくさんのメリットが得られます

  • 腰痛、肩こり、目の疲れが減少
  • 猫背が直り、スタイルアップ
  • 疲れにくくなる
  • 集中力が上がる
  • 便秘が治る
  • 血行が良くなり冷え症改善

と、いいことだらけです。

こうなるとなんとかして姿勢を正さなきゃいけませんよね。

そのサポートをしてくれるのが、ドクターエルクッションです。

ドクターエルクッションが腰にやさしい理由(ワケ)

1.前傾6度の角度により正しい姿勢が取れる

前述したように骨盤が後傾すると腰に大きく負荷がかかります。

ドクターエルクッションでは前傾6度の角度をつけることにより、立っているときと同じ背骨の状態に近づけることができます。

しかも、ただ座るだけで無意識に正しい姿勢が取れるのも魅力です。

2.腰だけにかかっていた負担が足と腰で分散される

クッションの角度により自然と前傾姿勢をとることで腰と足両方で体を支えることができます。

それにより腰への負担が分散され、腰の負担を軽減することができます。

自然に正しい姿勢で座ることができるため、今までよりも楽に長時間座ることができます。

3.硬めのクッションで安定して骨盤を支える

クッションや座布団と言うと柔らかいイメージがあります。

ここで、自分が柔らかいぬかるんだ地面に立っていることを想像してみてください。

なかなかバランスが取れませんよね?軸がぶれてグラつきます

クッションも同じです。硬いクッションを使用することで骨盤の軸が安定し体を支えることができます。

正しい姿勢を保つためには硬さのあるクッションが必要なのです。

ドクターエルは腰に負担をかけないクッションです

まとめ

・前傾6度で無意識に正しい姿勢が取れる

・腰の負担分散により長時間座っていられる

・硬いクッションで軸が安定する

ドクターエルは立ち姿勢と同じくらい同じくらい腰に負担をかけないクッションです。

価格的もお試ししやすい価格なので腰痛でお悩みの方はぜひ一度お試しください。

プレゼントにおすすめ

受験生や長時間のデスクワーカー、毎日運転する方へのプレゼントにもおすすめですよ。

私は受験の時期に同じゼミ室の子の誕生日プレゼントとしてプレゼントしたらとても喜ばれました。

座る姿勢が正しくなると、集中力も上がり疲れが溜まりにくくなります。

受験生を応援するアイテムとして意外と喜ばれますよ。

以上、『【腰痛対策】口コミ高評価の腰に優しいドクターエルがおすすめ。』でした。

 

 

ABOUT ME
ハヤエル
北海道に住む30歳。管理薬剤師経験者。小規模薬局にて3年弱勤め、薬局長として2年弱勤務。 転職活動を経て新しい職場で働くことに。 給与よりも仕事よりも充実した時間を生きることに重きを置いています。 「天界から来ました。」を書いている時が最も執筆している感があって好き。 のびのびと生きるが信念。ほんとは天使。天界に帰る道が分からなくなってしまい、お迎えを待っているところ。